プレストレスト・コンクリート工事業協会 お問い合わせ
協会概要 会員企業・団体 登録PC基幹技能者特例講習について 登録PC基幹技能者終了試験 更新講習について 技能向上・継承のための講習

ご案内
日程
受講予定者一覧
お申し込み



受講申込手続
(1)提出書類
受講申込をするには次の書類が必要です。
なお、詳細は後の「書類作成上の注意」をよく読んでください。
@ 受講申込書(様式−11) 1通
A 追加実務経験証明書(様式−12) 1通
  B 登録PC基幹技能者講習修了証(現在保有している講習修了証の写し)
C 受講票・写真票・受講料納付報告書(様式−13) 1通
  D 当初講習時に提出した、コンクリート橋架設等作業主任者若しくは土木または建築施工管理技士の合格者証の写し

書類ダウンロード
   ( 会員用 )   ( 非会員用 )
様式−11(PDF形式) 様式−11(PDF形式)
様式−12(PDF形式) 様式−12(PDF形式)
様式−13(PDF形式) 様式−13(PDF形式)
  一括ダウンロード(zip形式)   一括ダウンロード(zip形式)
       
  ※下記様式は特別措置の有効期限経過後6ケ月以上1年以内の場合の様式となります。 
  有効期限経過後6ケ月以内の場合は上記様式11〜13を使用して下さい。 
  ( 会員用 )   ( 非会員用 )
様式−14(PDF形式) 様式−14(PDF形式)
  様式−12(PDF形式)    様式−12(PDF形式)
様式−15(PDF形式) 様式−15(PDF形式)
  一括ダウンロード(zip形式)   一括ダウンロード(zip形式)

(2)受講提出書類の提出先および提出期限
@ 提出先   一般社団法人プレストレスト・コンクリート工事業協会
                       登録PC基幹技能者講習係
     〒162-0821  東京都新宿区津久戸町4−6 第3都ビル8F
A 提出期限
平成30年度第26回(仙台会場) 平成30年 6月15日(金)  厳守
 当日消印有効
平成30年度第27回(東京会場) 平成30年 6月22日(金)
  平成30年度第28回(名古屋会場) 平成30年 7月 6日(金)
  平成30年度第29回(大阪会場) 平成30年 7月20日(金) 
  平成30年度第30回(福岡会場) 平成30年 8月 3日(金) 
   
    ※受講申込書類は書留郵便にて郵送してください。
◎提出受付開始日は各会場とも 平成30年 5月 1日(火)からとなります。
(3)受講票
受講票は各会場とも講習日の10日前までにお届けします。
なお、この受講票は、講習当日には必ず持参してください。
持参しない場合は受講できないことがあります。

提出書類作成上の注意

 受講申込書類は、この注意事項および記入例等を熟読のうえ、正しく記入してください。記入は青または黒インクか黒のボールペンを用い、楷書でていねいに書いてください。
 特に、受講資格に関する事項について記入漏れ、誤記等があった場合は受講できませんので、必ず受講者本人が記入してください。また、この申込書類の記入事項に偽りがあると、合格しても認定を取り消されますので、注意してください。
(1)受講申込書
@ 申込年月日は受講申込者が申込書を作成した日を記入してください。
A 申込者は住所、氏名を記入し、捺印をしてください。
B 申込書の太線内の各事項をもれなく記入してください。
C 写真は申込前6ヶ月以内の無帽、正面、無背景の顔写真(縦3p、横2.5p)で、裏面に氏名を記入し、所定の位置に全面糊で貼り付けてください。
(不鮮明な写真、ポラロイド写真、パソコン印刷写真、サングラス着用写真は不可
(2)追加実務経験証明書
 実務経験を継続するうえでの重要な記録です。
@ 証明年月日は証明者(事業主等)が証明印を押印した日を記入してください。
A 証明者(事業主等)は必ず証明印(公印)を押印してください。
B 追加実務経験証明書の太線内の各事項はもれなく記入してください。
C 太線外の業種欄は記入しないでください。
D 追加実務経験の発注者(元請会社)欄は、上段に発注者名を、下段に元請会社名を記入してください。
E 作業内容はできる限り具体的に記入してください。
F 追加実務経験内容欄は「とび・土工」「土木」「鉄筋」のうち該当するものを○で囲んでください。
G 5年前に登録PC基幹技能者認定者または同特例講習を受講した際に提出した実務経験以降の経験を記入して下さい。
H 誓約欄は申込者本人が、必ず自署し捺印をしてください。
I 次の事項に該当する場合は、受講できませんから十分にご注意ください。
無記入
記載不備
証明印の洩れ
継続実務経験年数
誓約欄の記名捺印洩れ
(3)受 講 票
@ 氏名、会社名、生年月日(年号は該当する文字を○で囲む)を記入してください。(受講番号は記入しないこと)
A 切り離さないでください。
(4)写 真 票
@ 氏名、撮影年月を記入してください。(受講番号は記入しないこと)
A 写真は申込前6ヶ月以内の無帽、正面、無背景の顔写真(縦3p、横2.5p)で、裏面に氏名を記入し、所定の位置に全面糊で貼り付けてください。
(不鮮明な写真、ポラロイド写真、パソコン印刷写真、サングラス着用写真は不可)
B 切り離さないでください。
(5)受講料納付報告書
@ 氏名、会社名、納付月日、振込銀行、納付金額を記入してください。
A 切り離さないでください。

受 講 料
(1)受講料(修了証交付手数料を含む)       18,360円(内 消費税額 1,360円)
     データベース管理費(5年分)   会 員    27,000円(内 消費税額 2,000円)
                        非会員    54,000円(内 消費税額 4,000円)
      ※本年度より受講者にデータベース管理費のご負担をしていただきます。
(2)受講申込書類を提出する前に下記の振込口座に受講料及びデータベース管理費の
   合計額を振り込んでください。
  ※平成26年 8月より振込口座が変更になっております。ご注意下さい。
    (インターネットバンキング等で振込口座を登録されている方は変更をお願い致します。)
  三菱UFJ銀行 新宿支店(店番341) 普通 0317440
  シャ)プレストレスト・コンクリートコウジギヨウキヨウカイ ダイヒヨウリジ コセヤ スエヨシ
  一般社団法人プレストレスト・コンクリート工事業協会 代表理事 小瀬谷 末義
(3)受講料納付報告書に氏名、会社名、納付年月日、振込銀行、納付金額を記入してください。
(4)受講料納付の確認が出来ない場合は、受講申込書類を受理いたしません。
(5)納入された受講料は、受講資格がないと判断された場合、および受講申込書類が不備
   のため受理されなかった場合以外は返却しません。
   返却する場合は、手数料として3,240円(内 消費税額 240円)を控除します。
(6)有効有効期限経過後6ケ月以上1年以内修了試験受講料及び資格更新手数料は
   21,600円(内 消費税 1,600円)となります。
   
適用助成金
(1)建設業労働者確保育成助成金(技能実習コース(経費助成)(賃金助成))
    受講経費(受講料)×80%および受講者1人あたり 8,000円/日、受講期間(1日間)支給
    ※経費助成は助成対象経費(テキスト代等)の80%の額となります。
   ※平成27年 4月より建設労働者確保育成助成金の制度変更があり、技能実習(経費助成・
    賃金助成)の助成金を利用するにあたり、事前に「計画届」の提出が必要となりました。
    助成金の申請をする場合は下記の「計画届」の提出が必要となります。
    なお、申請期間は開始される訓練の2ケ月前から1週間前までとなります。
    詳細は厚生労働省のホームページを御参照下さい。
   計画届・変更届チェックスリト
    「計画届」(建助様式第2号)PDF 仙台会場
    「計画届」(建助様式第2号)PDF 東京会場
    「計画届」(建助様式第2号)PDF 名古屋会場
    「計画届」(建助様式第2号)PDF 大阪会場
    「計画届」(建助様式第2号)PDF 福岡会場
 

※建設労働者確保育成助成金支給申請書(建助様式第17号及び建助様式第17号別紙1)
  につきましては、講習終了後当協会より所属会社宛郵送致します。


登録PC基幹技能者更新講習修了証の交付
(1) 修了試験合格者および合格判定基準に満たない場合は補習修了者には新しい
    「登録PC基幹技能者講習修了証」を交付(平成31年2月上旬発送)し、「登録
    PC基幹技能者」の称号を継続付与します。更新回数が記入されます。
(2) 修了証の有効期間は5年間です。
  (3) 旧登録PC基幹技能者講習修了証の取り扱いについて
    資格更新時に旧講習修了証の回収は行いませんので各自で処分をお願いします。

Copyright(C) 2008 Prestressed Concrete Association.All right reserved.